待ち望んだレタス



日本で勤めていた高校で農産販売が行われていた時の話です。関わっている生徒達が販売しに職員室に入ってきました。本当にレタスを買いたかったので、私は誰がどのように声をかけてくれるだろうと期待でワクワク。


生徒達は、他の先生方には順番に勧めていたので、「次は私!」と思ったのに、私の席を飛ばして進んでいってしまいました(悲しい)。誰も私には声をかけてくれなかった、、、。少しがっかり。「私から声をかけていいだろうか。いや、やっぱり待っていようか」と思い、シャクシャクしておいしいレタスをどれほど手に入れたくても、黙ってそのまま待つことにしました。


生徒達は、他の先生方に勧めるのが終わって、出口に向かって行きました。「もうだめか。」と諦めかけたその瞬間、一人の2年生の女子生徒が振り向いて快活な声で勇敢に「Hey, Michael! Do you want some lettuce?」と声をかけてくれました。ありがたいその声のおかげで、とうとうシャキシャキしておいしいレタスを買うことができました。


この記事の日英翻訳の解説は、こちらにてご覧頂けます。

この記事を書いた人 ハーキュラ・マイケル (Michael Hercula)

元アメリカ海兵隊士官。福井県の公立高校でALT(外国語指導助手)として勤務経験もあり、現在はリモートで日英翻訳者として活動中です。日英翻訳サービスの詳しい内容はサービス紹介にてご覧頂けます。ご不明な点などございましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。


閲覧数:68回

最新記事

すべて表示